にきび対策 | 大人にきびと思春期にきびの違いとは?

HOME -- にきび対策 -- 大人にきびと思春期にきびの違いとは?

■にきび対策

大人にきびと思春期にきびの違いとは?

大人にきびと思春期にきびの違いとは?

10代から20代の思春期だけでなく、20代以降の大人になってもにきびへの悩みは尽きませんよね。
では、大人にきびと思春期にきびの違いは、一体何なのでしょうか。


大人にきびの場合

まずにきびができる原因に違いがみられます。
大人にきびができる主な原因としては、体調の変化をあげることができるでしょう。
寝不足や疲労、便秘やかぜ、ストレスによっても、体調は影響を受け、この乱れによって大人にきびが発生するというのです。
つまり、大人にきびと思春期にきびが違う最大のポイントとして、大人にきびが健康のバロメーターになっている、ということがあげられると思います。
大人にきびができてしまったら、自分の生活スタイルや食生活を見直してみましょう。
前向きに大人にきびと向き合うこと、そして治そうと努力すること、これがひいては健康維持につながるのといえるのではないでしょうか。

思春期にきびの場合

思春期にきびの主な原因は、成長による性ホルモンの分泌だといわれています。
特に、男性ホルモンは皮脂の活動を活発化させるといい、これが思春期にきびの原因の一つだそうです。



HOME | きれいな肌とは | 毛穴対策 | にきび対策 | 乾燥肌対策 | オイリー肌対策 | 混合肌対策
メイクで陶器肌 | 化粧崩れを防ぐ方法 | サイトマップ